SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

末広茶道教室の記録

徳島市で表千家茶道を行っている教室の記録です。
7月2週目の教室

滝のような雨

津波のような洪水にこれが日本

これが西日本

 

気候も平年並みというのがなくなってきました。

 

お見舞い申し上げます

 

 

ほたるがや むくげ しゅうかいどう

宗全篭

 

 

 

桑子卓

茶入 四滴のうちの弦付き

 

たまや製 朝顔

 

7月21日は資格者講習会

7月22日は総会 一般講習会

 

資格者講習会では壷飾りの詰

一般講習では茶筅飾りの次客が

あたりもっぱら

席入りやら道具の拝見のお稽古です。

 

常に基本の稽古を改めてが講習会だと思います。

 

| 宗加の記録 | 11:34 | comments(0) | - | pookmark |
7月1週目

今週は七夕。

とはいってもそれらしき道具もないので

花入れは糸巻きを使って

糸薄を

 

 

雨の中頑張って咲いていた槿と桔梗

 

 

 

 

火箸の扱いをもう一度ということで

釣瓶の水指に変えましたが

長板が杉板とか木地が涼しげですが

仕方ありません。

 

たまや製 願い笹

 短冊には 雨が早くやみますように

 

玉響(たまゆら)

おいり 天の川に見立てて

 

お入り

香川県のお嫁入りのお菓子

風船のように軽くて 優しい甘さです。

 

四国大会の時あまりにかわいらしくて買ってきました。

 

愛媛県出身のSさんが

懐かしそうに「あ、おいり」

 

愛媛県ではパットライスにこれを入れるそうで

袋に入れるとき、お入りが壊れないように

そうっと入れるんだそうです。

 

 

もう一つの七夕

きょうの着物 

 

 

あちこちで七夕仕様なのに

この雨

 

被害が大きくなりませんように・・・・・。

 

 

 

7日土曜日の花

二人静(今日は一人ですが)

むくげを傘花入れに

 

 

 

 

 

| 宗加の記録 | 23:11 | comments(0) | - | pookmark |
6月3週目の教室

 

葉々起清風 (ようようせいふうをおこす)

 

例えば友人との交流も竹の起こす清風のように

清らかでありたいものです。

 

白むくげ 丁呂木 ホタルガヤ

 

土曜日の午前中 

雨だったので縞葦に変え

雨の降る前に切っておいたカワラナデシコ

 

縞葦が雨によく合う と思っている。

 

長板 諸飾り 葡萄棚

 

青楓に露が

これだけでとてもみずみずしい。

 

 

 

引っ越しから1年たって

ようやく落ち着いてきたのか

時々、お稽古の後自分でお茶を点てることができるようになりました。

 

行動はあまり変わらないと思うのに

これも自分の気の持ちようなのだと

気が付きました。

 

 

| 宗加の記録 | 22:56 | comments(0) | - | pookmark |
タイサンボク

 

 

 

四国香川県大会の濃茶席の花

 

真っ白いのが印象的で

一枝でとてもどっしりしてすがすがしい花でした。

 

 

それが徳島城公園に大木が2本ありました。

 

とても庭に植えられるような木ではありません。

 

でもなんだか身近にあるって嬉しいものですね。

| 宗加の記録 | 17:59 | comments(0) | - | pookmark |
6月2週目の教室

時期外れの壷飾り

 

7月の資格者講習会のためのお稽古です。

この際、しばらく出しておいて

紐の結び方

持って帰るときの網の持ち方など

お稽古に亭主に当たった人だけでなく

触ってもらおうと思います。

 

アジサイ 段菊 糸薄

古里篭

 

 

長板の二つ飾り

 

長板はただ一枚の敷板にしか見えませんが

いざお点前となるとけっこう複雑

 

まずは二つ飾りから

次回は諸飾りにしてみたいと思っています。

 

桂籠に入れ替えてみました。

 

 

 

 

土曜日の花

縞葦とセンノウ

 

 

 

焼鮎

香ばしさがなんともいえない。

 

 

島根のお土産にいただきました。

若草 菜種の里 山川

 

 

若草に笹野先生が好きだったことを思い出し

島根に陶芸の登竜門と言われる田辺美術館に出品し

入選した清崎陶白(とうしろう=しろうとをひっくり返した名前と言っていた)さんを思い出しました。

 

鬼萩の大きなお茶碗を焼いて

「わしは弁慶が持つような大きい茶碗が好きなんじゃ」

豪快な人だった。

 

人に頼まれたら絶対作らず

自分が作りたいものだけ作っては

「この茶碗どうで?」

と、見せに来てくれた。

 

そこで私もそれほど知識もないのに

自分の好みだけの感想をいうと

 

「上手にほめず、思ったこと言ってくれるのがええ」

と、なんだか気が合った。

 

次のお稽古に使ってみよう。

 

これは少し小さめのお茶碗

 

 

| 宗加の記録 | 08:55 | comments(0) | - | pookmark |